空模様は…心模様?

mirai2525.exblog.jp

気ままな暮らしの中で起きる珍事から 心の葛藤・思い・悲しみや喜び等 感じた事 懐かしい想い出 また夢で見た風景をその日のお天気を通して綴った日々の呟きです… (*´ェ`*) 

ブログトップ

カテゴリ:徒然草( 182 )

*** ミラクル ***



c0254440_11192227.jpg


ベールの様な雪雲の向こう側で 朝日がスポットライトの様に輝き
鳥の羽が ふわふわと舞い散るように雪花が降る様は 神秘的…

こんな風景を見ていると10年前 まるで祖母が亡くなった日の朝を思い出す。
何か導かれている事を感じる そんな満月の朝は
祖母の月命日でした…  


ミラクルな現象が続く今日この頃…  寒桜の話題があったばかりの沖縄
そんな南国に 『初雪…』 ??? なんと耳を疑うようなビックリぽんな話。

暖冬といわれていた今季の冬だったはずが… そんな言葉に足元をすくわれたように
日本列島を包み込んだ先日の最強寒波 ((´д`)) ぶるぶる・・・さむ~~
ここ北の地よりも南に行くほど その爪あとは大きかったようです。

一度は観てみたい雪化粧した京都の金閣寺や 白鷺が羽を広げたように美しい姫路城…
今回は、普段雪が積もらないようなところにも大雪となり被害が広がっている…
そんな寒波が残していったモノは、爪あとだけではなく 時に幻想的な風景を広げる事も…



昨日、朝日に輝く雪雲に美しい彩雲を見た…

c0254440_1058317.jpg



雲の現象だけに よく 飛行機に乗っているとき 観られる現象の様ですが
昔から瑞相の一つとされ これが現れると吉兆とされるが、実際はありふれた現象の様です。

しかし 夏の嵐や雨上がりに 晴れ渡る大きな空にかかる虹が大好きな私には 
薄っすらと雲に彩られた彩雲に出会えた事は それと同じくらい 
年甲斐もなく少女の様に ワクワクしながら目の前で広がる神秘的でファンタスティックな空に 
体の真ん中がキュンと熱くなり ついさっきまで見ていた どこか意味が有りそうな不思議な夢と重なり 
何か導かれているのかと 更に感動していた♪  
   
         .*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";





先日 20年近く?長年使っていた未来の社名を入れたメールアドレスを心機一転 変えました。
同時に 待ち受け画面を美輪さんの今月のカレンダーが付いた画像にしてみました♪


今日は、27日… まだ二日なのに 美輪さん効果だったのだろうか??

人も 空も 物も どんな出逢いでも 一期一会 
ささやかな出会いでも その出逢いに意味がある。 
人は、心がけ次第で 変われる事を学んでいる寧々です  (* ̄∇ ̄*)エヘヘ
[PR]
by nene2525v | 2016-01-27 13:10 | 徒然草 | Comments(0)


今季は、暖冬だといわれ 札幌の冬のイベント 雪まつりも雪が少なくて 
遠方まで雪象用の雪を運ばなくては成らないと言っていた年明け頃… 
先日の低気圧は、普段雪が降らないようなところまで日本各地に雪を降らせ 
彼方此方で交通マヒや被害をもたらした冬の嵐… 

一年で一番寒さが厳しい「大寒」に入りました。
暦どおり またしても10年ぶり!? 36年ぶり!? 最強寒波がやって来て大雪が降るようです

こんな寒い日は、身も心も ほっこりしたいですね♪ 

柚子茶やホットジンジャー そば湯に葛湯… ホットチョコもいいね(*^^*)… 
お好みの飲み物でのんびりブレークしようっ♪ 
芯まで冷えた体も… 疲れた心も… p(´∇`)q リフレッシュ~♪ 
おやすみ前のホットワインも体が温まって ぐっすり眠れますよ・・・

実は、最近 マイブームに成っているのが 「飲む点滴」と言われる あ・ま・ざ・け


c0254440_23433668.jpg
 この甘酒ですが、酒かすと米麹の物がありますが、酒かすの方は、甘味を出すのにお砂糖が入ります。
米麹で作られているのは、砂糖は入りません 麹の甘味だけで飲みやすいです。
長く飲み続けている人の中には、お漬物に使う麹で手作りする人も居るようですが 私は、まだそこまでの域には達してません(*^^*ゞ  (昔 祖母が作っていたのを思い出しました…)
 
でも、こんなに美味しくて 栄養豊富で 美容にも 健康にも良いなんて 体に悪いわけがない

米麹の甘酒は、麹酸が入っているのでシミなどにも効果があり美肌・ダイエット・疲労回復等の効果があり 植物繊維も豊富なので便秘にもいいですよ(*^^*)
女性には、嬉しい効果が沢山入ってます

c0254440_23442097.jpg


この甘酒を飲むキッカケは、ダイエットと体質改善をしようと思った事からです…
本当のことを言えば、失恋した勢いでもあり もっと綺麗に成りたいと思ったのです。
足に障害がある私には、過度な運動はできません… 
歩く事は、好きですが この時期の雪道は、滑りやすいので杖を突いている私には、ちょっと苦手。

そこで 家でも出来る事からはじめようと 適度なストレッチと
発酵食品を食べようと思ったのが始まりです。

納豆やヨーグルト・チーズ、 お味噌やお醤油、キムチなどのお漬物も発酵食品です…
でも 減塩などで食べる量も限られてしまうため 一日200mlを目安に飲むのがいいようです。
確かに、点滴と同じなら 沢山飲むと かえってダイエットには成らないですよね 
  (*^^*ゞ 気をつけなくちゃ。


甘酒と言えば 桃の節句の白酒を連想しますが その前に
この大寒が過ぎれば、立春です

 ~~寒さの中のぬくもり~~

大寒と立春の間は、寒さが一番厳しい頃ですが この頃の夕日の茜色は、この時期しか見られない美しい風景…  大寒から15日もすれば 立春です。
その後は、寒さの中でも少しずつ木々は、芽を育み始めます
立春の前日は、節分。   

昔は、立春・立夏・立秋・立冬の前の日は、季ける=『節分』だったようですが いつしか、立春の前日だけに成ったようです。

この節分が過ぎれば σ(^_^)アタシも また一つ年を重ねます。
まだまだ 余計なモノを削ぎ落とし マメ(丁寧)に生きなさいと言われている様で 
また一つ 豆を多く食べなくてはならないようです・・・

それは、年を重ねるからこそ 丁寧に生きる事なのかも知れませんね・・・。






 
[PR]
by nene2525v | 2016-01-22 23:59 | 徒然草 | Comments(2)

 申年…

 
c0254440_19322993.jpg

         あけまして おめでとうございます


 年が明け 三が日が過ぎ… 七草も過ぎ… 無事に鏡開きも済み… 
すっかりお正月気分もぬけて 暖冬と言われつつも 寒さもようやく!? 北海道らしくなって
本格的な冬のイベントが各地で始まった今日この頃…

今年は、年明け早々 良くも悪くも 『学び?』と 『チャレンジ』のスタートでした♪

昨年末は、一身上の都合で 引越しを決意し バタバタしていたので
お正月の準備も 年賀を書くのも慌しくて 全て年が明けてから やっと落ち着いて
お節を準備したり 年賀を書きました。

本当なら 二人で迎えるはずの新年も 一人です。 ((+_+))

そんな訳で 「独り者クラブ」 (えっ!? 老人クラブ!!) 結集です ( ̄ー+ ̄)

ささやかですが それなりに全て手作りで「お節」を作ってみました。

c0254440_20047100.jpg 初めて作った「叩きごぼう」… そして そのままでも食べられる小魚を使って「田作り」チャレンジしてみましたが、これはレシピ通りより 自分の味で作る方が確かかも! 少量だから砂糖や水あめの量が微妙で 出来上がりより 冷めてからが大事。 なぜならば、冷めたら 甘辛の衣に包まった魚君達が 仲良しクラブとなり カチカチになって 大変なめにあいます ご注意を!! しかし これも話題提供&初笑いと成ったから 良し!かな(*^^*) 「黒豆」は、まだ上手に出来ないので 年前に買っておいたコンビニのお惣菜・黒豆を利用しました。 「栗きんとん」は、昨年の秋に南幌の叔母の畑で収穫したサツマイモで作ってみました♪

c0254440_2012247.jpgイクラ・数の子は、近所のお寿司屋が隣接する魚屋さんで いつもは、この時期殆どが関西へ出荷されてしまう井原水産の「数の子」をみつけゲット! しかも小ぶりで 独り者には丁度いい♪ 多分、お寿司用かな?? 
それから海老とアワビは、増毛産です。 多分、他では この大きさで、これ一つの値段で購入できないかもなぁ~ 感謝♪

c0254440_202173.jpg 「うま煮」 煮ていくうちにしょっぱくなってしまったけど、『災い転じて 福となす』 お陰様で、食べる度に出汁と水を足し 少しの酢を入れて煮直しますが その残りの汁でお雑煮やお澄ましにしたりと一石二鳥 失敗は、成功の元!? 助かりましたv(*'-^*)bぶいっ♪

本当は、紅白蒲鉾としてお節に並べたかったのですが、さすがに年末は、蒲鉾は、少ししか使わないのに高くて買えず 結局 ささやかながら可愛い蒲鉾にしてみました(^^;; なぜかドラえもん!?
 c0254440_2031598.jpg







元旦のメニューで食べつくした後は・・・
はい! 二日目…

c0254440_21475133.jpg この「伊達巻」… はんぺんと卵や蜂蜜等を入れて すり鉢でじっくりすり合わせて焼いてみました。  煮タコも増毛産です。 以外にも、この伊達巻 焼きたてより 次の日の方が、味が落ち着いて冷たくても美味しかったですよ。 自信付きましたp(´∇`)q ~♪



c0254440_21484456.jpg


 今年は、無理だと思っていた雄武産の毛蟹。 バタバタとしていた年末 頼み損ねてしまい 半ば諦めていたが、またしても導かれるように小ぶりではありますが、身がぎっしりと詰まったかにをゲットできました。 濃厚な味噌を美味しく頂きました\(*^▽^*)/わ~い♪ 
久しぶりに 日本酒 25年ぶりに冷酒で 飲んでみました♪ 




酔った勢いか オチョウシにのって 広島産の無農薬のレモンで… ジャムを作ってみました。
昨年、よく千歳空港に送り迎えに行っていたのですが、 空港内のお土産などを売るテナントの中にある北海道ブランドの化粧品等を扱うショップ… そのショップの姉妹店で札幌駅の上の方に拘りの食品を扱うショップが出来たというので 行ってみたのですが そこで大きな籠の中で山盛りに詰まれたレモン達…
それを纏め買いしていたのですが 年前は、本当にばたついていたので 酒の勢いに助けられ初めてレモンジャムを作ってみましたぁ~ ヘ(~~*ヘ))))... ...((((ノ*~~)ノ  

c0254440_21492123.jpg 

    五個のレモンと柚子一個を洗い 皮をむきました。 これがまた簡単なようで難しい。



c0254440_2150923.jpg
薄く皮をむいたら細切にして水にさらします。 2~3回水を変える 
その間に 白い部分を取り除くのですが、結構 手間です 
でも出来上がりの苦味を考えたら 出来るだけ取ってください。



さらした皮の水を切りながら 房の中から実と種を分けます 
種と房は、捨てないで下さい。 お茶を入れる小袋に入れておくと後で取り易く 
十分 ジャムに成るペクチンが豊富に含まれてます♪
果汁と実… 分けてあった種なども入れて 砂糖を加えて強火で煮込んでいきます。
c0254440_21593663.jpg
初めは、何かと手間がかかりますが とろみが付くまで煮るだけなので とっても簡単です。
甘味を抑えてみたので、ジャムですが、料理、ヨーグルトやトースト、クリームチーズのトッピング…
何よりジン(ビフィーター)と割ると最高に美味です♪

小分けして冷凍しておくのも良いと思います♪

またチャレンジしてみよっと。




お陰様で 年が明けて 無事に二週間過ぎました・・・・。

今年は、申年です 年女ではありませんが 早生まれなのでちょっとだけ足が入ってます
申年は、災いが去る 邪が去る 病が去る… と言います。
そして申年は、赤い物を身に付けると良いといいますが、これも魔よけの なのかな!?

赤と言う色には、不思議なパワーがあります。 風水でも 赤は、エネルギーの色だったり 生命の色 太陽の色でもあり 還暦の人が赤い物を身に付けるのも、12年を一回りすると60年… 
元に「還る」と言う事で還暦。 生まれたての子供を赤ちゃん と言うのも分かるような気がします。 
そして日本の国旗も白の中に赤い「日の丸
ちなみに、今年の干支 お猿さんの顔もお尻もですね… 寧々の好きなイチゴもだねぇ~(^^;;


昨年末から 色んな意味で、学んでいた寧々…
残り10年  いよいよ最終章ですが、スタートに立ったような気がします。

これから生きている間に どれだけの事を思い 感じて 学ぶのだろう

知恵子抄の様に 寧々を最後まで見つめ 思い 育み 語ってくれる人は、現れるのだろうか!?

奉仕の時間・・・ そろそろ始まります。 

先ずは、下ごしらえです。  何事も 始める前の下準備が大事です・・・

もぅ 少々 お待ちください

只今 こんな状況の寧々ですが  今年も 気長にヨロシクお願いします<(_ _)>


 
[PR]
by nene2525v | 2016-01-16 00:02 | 徒然草 | Comments(0)

導き… (続き)




今朝も、雪雲の間から 朝日が屈折し太陽が二つに見える そんな日の光に映し出されるように 
雪が降り続く なんとも幻想的な光景から一日が始まった。

冬は、寒いが 夜空の星も 昼間の太陽も 何とも不思議な現象や空模様 
風景に出会う事が多いから 私は、結構好きなのですが…

やはり北海道の冬は寒いのです・・・。

凍てつくような寒さがあるから 夜空の星が凛として キラキラと輝いているクリアな空の下で 
冬の星座を探せるのです…

窓ガラスがくもる様に 氷が張ったり霜柱が立つと 小さな妖精が居るかのよに氷の花が咲くのです♪

凛として寒々しい月明かりがあるから 朝日が昇ると冷えた空気がダイアモンドの様に煌めくのです…
サンピラーが見られるのです…

外気より川の水の方が温かいから 川霧がたち 辺りの木々に樹氷が見られるのです。

昨夜は、クリスマス… みんな家族や友人たち 恋人たちとの時間を楽しんだのではないでしょうか
そんなクリスマスの夜  空には、今年最後の満月が輝いていました♪ 
何十年ぶりだったのかな?    満月とクリスマスが同じ日だったのは??

昨日はクリスマスよりも 今年最後の満月よりも 
何年たっても寧々には、厳粛に受け止めなければ成らない大切な日だったのです。  

     もぅ10年・・・ 

最愛の人の命日です。  私には、祖母であり 育ててくれた母であり 女性としての先輩であり
生きる 道標であり 恩人であり 人としての生き方を 最後の最後まで教えてくれた師でもり 
同じ兄弟や従妹たちより厳しく礼儀正し 
そして厳しさの中に温かい無償の愛を沢山注いでくれた偉大な人。


生きていてくれるだけで 良かった・・・  
そんな事を言えば 『もぅ 年なんだから 仕方がない』と言われるけれど

『あと10年 生きたい』 そんな祖母の言葉を真に受けていた   10年前…
 
長寿だった曾お婆さんや曾お祖父さんの様に 祖母も100歳過ぎるまで 
元気で生きていてくれるんだと願っていた あの頃…
 
何処かの この空の下で「生きていてくれている」と思うだけで
それだけで どんな事も頑張れた どんな辛い試練も乗り越えられた。
だから 醜い争いや苛めや虐待にあっても 悔しくても 辛くても 我慢できた・・・。

突然 太陽が消えてしまったように 谷間に突き落とされ 暗闇の中で 
立ち上がろうとしても つかまる所すら見つけられず もがいていた日々… 
何年 続いたのだろう。

生きる道標が欲しかった。  

何をしたらいいのか どうしたらいいのか どうなってしまうのか
何もわからず 暗い闇の中で カラスの様に鳴声をあげてもがくばかり・・・。

そんな私を 少しずつ 導いていたのは、貴女(祖母)ですか!?

ゆっくり 一歩ずつ… いや半歩だったかもしれない 
今の私へと導くように 見守っていたのは
貴女(祖母)なんですよね?? (*´ェ`*)

短いのか 長いのか 解からないけど 暗闇でも そんな闇の中でも 
小さな光を差し伸べてくれた人たちに出会いました (感謝)  
そんな人たちに支えられながら今があります。

沢山の傷や十字架も背負いました 諦めた夢も 手放した愛もあります。

あれから10年 やっと本来の自分の使命(任務)に取り掛かる準備 始められそうです♪

そして 私に残された時間も、10年。


その後は、再生する為に 生まれ変わる道を選び この世に生まれました。

『最終章』 いよいよ始める時が 来た。

仲間… 見つけられるのかな!? 早く出会いたい。 
同じ志を持った 仲間たちに・・・・

一人は 嫌いじゃないけれど やっぱり どこか寂しい…


寧々の居場所を探す旅は 止めました。
何所にも無いことは、察しましたから これからは、自らがみんなの安らげる
宿り木に 私が成ろうと思います。

どこかに ゆっくりと落ち着ける場所に根を下ろし 幹や枝 葉を茂らせながら
旅する者 癒されたい者 道に迷った者 安らぎが欲しい者達の『宿り木』になろうと思う。

この身が もし切倒れても 切り株から新しい芽をだし 未来に続く命と成りたいのて゜す。
燃やされたなら その炎は、凍えたものを温め 煙は、空高く昇り 悪い害虫を駆除し 
燃え尽きた灰は、褪めた大地へと還り 鮮やかな色をもたらし  育み 
また命のリレーが始まるでしょう・・・

そんな命と縁と学びと ・・・・・・。


全ての事に意味がある!!

貴女が教えてくれたことを 注いでくれたモノ
       生かしていかなくちゃ 勿体無い(*^^*)



 
[PR]
by nene2525v | 2015-12-26 23:55 | 徒然草 | Comments(0)

  導き…

年が明け 年前からのトラブルを引きずるように年を越し 始まった2015年…

追い詰められるように悩んだり 迷ったり 苦しく辛い冬から 心が沸き立つ運命を感じる出逢いの春が来て… あれよあれよと夢の様な夏が過ぎ そして 突然 夢が覚めてしまった様に一人残された部屋で 
すれ違い 誤解されたまま 真実を伝えられないままに もどかしく 心を病み体を壊した秋の気配

それから 痛みと聞こえなくなった耳で 気配を感じ 何度も幻を追いかけては 一人夜空を見上げる事が増え  夢の様な夏の思い出に潰されそうになりながら 星に願う日々が続く。 
後ろ髪を引かれるような 半分 諦めに似た決心をし一人 公園の片隅で 線香花火の中に映る恋しい時間を見つめた。
儚く終ってしまう 線香花火 そんな花火も短い間に 沢山の花を咲かせ 夢を見せ そして潔く散っていく…
 そんな線香花火の凛とした姿に 粋を感じ 優しく見つめる自分がいる。

大きな道標を二度も失うなんて 沢山の夢を見て 夢馳せていた目標は、すっかり方向を変えてしまう。
しかし、今は 自分で決めて 自分の足で立ち 歩みはじめ 新たな目標が 
本来の自分の生まれて来た事の 本来の使命へと繋がっている。

出会わなくては成らない人がいる… 
その者達に出逢い愛を注がねば成らない。
それは、どんなカタチの愛なのか 今は解からないけど 手を差し伸べなくては成らない
未来に続けるための出逢いなのです。

性別も 年齢も 国籍も 解からないけど 私なりの愛のカタチで 愛を注ぎ 育み 
未来を引き継ぐ後継者として育てあけなければ成らない縁がある。

私が この世を去った後にも その者が繋いでくれる 大切な縁

一度は、北海道の地を離れ 愛する者との人生を考え 一人ひとり 私なりのサヨナラをし 
感謝をしリセットしたが それは『まだしては成らない…』と言う導きだったのだろう。

どんなに愛しくても いつも上から目線で自分より上に出る事を望まない 小さな圧力が
次第に信頼や心の擦れ違い 言葉の一つ一つから誤解と言う カタチで 歪が生まれ
「愛しても 添い遂げられないのなら」と 自ら全ての責任を取り終止符を打とうとキッチンで刃を向けても
体に傷をつけても私を守護している者達が それを許してはくれない… 
苦しくて 苦しくて のたれまわっても もぅ 元には戻らない 
なにより 相手には理解されていない… どうする事もできずに身辺整理をした。
 
しかし 一生 理解されないまま生きるより やはり「自分らしく生きたい」
絶望の中で見えた光の中に そんな自分の声を聞いた。
『人のために奉仕する人生で終りたい』 

そんな私を いつも 後ろで見守っていている支えの方が 私自身が輝けるようです。
だから 愛した者との歪みができ 同じステージでは生きられなくなってしまった・・・

一人より 7人… そして大きな支えと成るバックボーンが一人!? 

これからは、仲間と共に 人の為に奉仕していく 
そんな私自身を含め「9人の仲間」と生きる人生を私は選んだのです。

人も 動物も 神の心と同じに成れる… それが『真心』
そんな事を 三輪さんや江原さんが話していたのを思い出した。

ヒーリングの世界へ羽ばたこう♪ その為に学びたい… 人としてのレベルを上げたい
病んでいる者 傷ついた者 迷っている者 怯えている者 哀しんでいる者 お腹を空かせている者
色んな人がいる 手を握り 背中をさすれリ 寄り添い そのもの達に生きる勇気と安らぎ… 
どんな時でも 直ぐに駆けつけ見守っていたい。
  

つづく・・・
[PR]
by nene2525v | 2015-12-25 21:58 | 徒然草 | Comments(0)

秋思…

 

 すっかり日本にも定着した『ハロウィン…』 昨日は、彼方此方でイベントがひらかれていたようですが

私も、前日にブログ用の撮影に 近くの公園まで行ってきました… 
朝 あんなに晴れていたのに 昼過ぎになって 何だか雲いきが怪しくなってきましたよ!?、ヽ`┐(¨ )


『女心と秋の空』と言いますが 最近は、男性の方が… なんてその話題は別として
雨が降り出す前に 急いで何枚かの写真を撮りましたが すっかり雨雲で暗くなってしまい
全体の写りも暗い感じです (´・ω・`)ショボリ

c0254440_0115887.jpg
c0254440_012218.jpg
c0254440_0124683.jpg
c0254440_0202680.jpg



このセンターは、あと数日で冬季期間となり春までクローズに成ります。
赤いモミジのトンネルが有名なセンターですが まだこの時期何っても 真っ赤な落葉のジュータンにはなっていなくて 何台もの三脚を立てて撮影している人は 一人も居ませんでした。

池に落ちたモミジの葉が まるで池の中にもモミジの木が立っているかのように一杯でしたよ
そんなモミジの池の水面を揺らしながら ポツリポツリと降ってきました。

c0254440_0295138.jpg

c0254440_0302351.jpg
少し濡れながらも 退散です!


園内の木々も枝を傷めないように冬囲いがされていて 
普段 何気なく過していたけど 改めて もぅ直ぐ 冬になるんだなぁーと
感じた一日でした。
c0254440_031256.jpg


そぅーだね 今年も後 二ヶ月なんだよね・・・ 早いなぁ~ (* ´Д`*)=3 はぁー
















この季節に成ると やっぱり思い出すのは、春の終わりに亡くなった愛猫の事です。

ここ数年 秋に成ると 黒とオレンジのコントラストが街や店先を彩り
我が家も 黒猫ちゃんをモデルに色々と写真撮って来ました。

その肝心要のモデルが・・・・ 今年は居ないのです・・・・(寂)

偶然に撮れた写真ですが 私の一番のお気に入りの一枚
昨年のブログのスナップですが
フェイスブックのプロフィール画像も この写真を使ってます。

 
c0254440_091144.jpg



また 猫ちゃん 保護しようかな!?

でも (黒猫)チックンの代わりには誰も成らないし 
なにより そんな事したくないです・・・。


猫にも人権・・・ いやニャン権はあるはずですから!!(*¨)(*・・)(¨*)(・・*)ウンウン




 
[PR]
by nene2525v | 2015-11-01 23:41 | 徒然草 | Comments(0)

移り行く季節の中で…


 

今日は、いつになくドビュッシーの曲をYouTubeで聴きながら一日が始まった・・・

外は、眩しいくらいの秋晴れです・・・。


何だか 季節の魔法にかかってしまったのか!?
まだこの間の 満月のパワーの後遺症なのか!?
はたまた 単なる 更年期か 夏バテの後遺症か???

心身ともに 失恋してしまったような… 
何だか 何所かに大切な物を忘れ物をしてしまったような
どこか 物悲しいというか  センチに成っている私…   ポエムでも朗読しようかしら(笑)



ずっと聞いていたドビュッシーのピアノ曲から いつしかヒーリングの
ゆったりとした曲へと日が暮れると共に変わり…
不調なカラダに鞭打つように 身の回りの片付けをする。


最近、本当に 自分でも不思議なくらい スピリチュアルなものが目覚めようとしているのか
自分の事なのに 今までの私が 何処かへ行ってしまうような そんな感覚を覚える。
でも、私は まだ生きている! 

観る夢も 本当にメッセージ性があるような リアルであまり気持ちのいいものではない。
怖かったり、悲しかったり、寂しかったり・・・。 ただ、子供が見えている… 男の子・・・。
時に、赤ん坊だったりもする。   朝焼けなのか 夕焼けなのか わからないけど
そんな美しい風景が続いている。


後10年の命・・・・


還暦を迎えることなく 終ってしまうこの命だから… 今できる事を 丁寧に暮らしている。…つもり

長く生きると それなりに生活も豊かに成り 物も増え 余計なモノも増え 贅肉も増え 
だんだん身動きが出来なくなっていく   そんな訳で、この辺で一度 清算しなくては。


さてと・・・ 次は、何所を片付けようかな!?


断斜離 断斜離・・・。
[PR]
by nene2525v | 2015-10-05 18:11 | 徒然草 | Comments(0)

小さな 天使♪


   
c0254440_125680.jpg


 

貴女が 天国へ旅立って4ヶ月です…

今でも まだ お母しゃんの側にいるようで 時々 貴女の幻を見ます…

貴女と暮らした あの家には、遊びに行っても住めないです・・・・。

貴女との思いでが 沢山のお家だから 本当は離れたくないけど
泣き虫のお母しゃんは… 今でも 時々 思い出しては一人で 涙を流しています。


c0254440_2234042.jpg


 リラの花が散る頃  突然 貴女の姿が消えてしまって その後には沢山のリラの花が 
お母しゃんの 心の穴を埋めるように 風が吹くたびに ライスシャワーの様に散っていたけど
大きな 大きなお母しゃんの心に空いた穴は 何時まで経っても埋まらなかったよ…


足が好きだったチックン… 今でも 時々 甘えたり おねだりしているかの様に
車を運転している時… 机に向って物書きしている時… 食事の準備をしている時… 
貴女が スラリとした尻尾をピンと立ててウロウロと お母しゃんの足元に擦り寄っている
そんな気配を感じることあるのは ・・・・やっぱり チックンなのかしら!?


黒猫は、よく気味悪がられるけど 全身黒い猫は、「招き猫」と同じく 遠くの縁を招くのよ♪
それに 貴女を産んでくれた猫母さんは、ブチ猫だったから 貴女は、猫母さん似で美人なのよ♪
ただ ブチの範囲が広かっただけ!???  (^^;;
だって お腹に三角のポケットみたいな白い毛が生えてたでしょう♪


貴女を保護したリラ冷えの夜… あの手のひらに乗っかるほどちっちゃな子猫の頃から 
チックンは、ビロードの様な黒い毛をふさふささせながら 
窓辺で日向ぼっこしている時も…  
外を眺めているお母しゃんの横で 小さな短いアンヨを一杯に伸ばしながら
同じスタイルで外を眺めていた時も… ベランダで、お花に寄ってきた虫と戯れている時も…
まだ小さなチックンの体の細い毛の中に 
沢山のお日様の粒が散りばめられていて キラキラ輝いていたのよ♪…
その光の粒は、七色に輝いていたわよ・・・ お母しゃんの自慢の 一時だった(*^^*)ポッ

いつも お母しゃんが仕事から帰ると 「待ってたよっ!」って言わんばかりに お母しゃんの姿を見つけると
エプロンやフリースの懐に入ってきて いつもカンガルーみたいにブラブラ 
ハンモックの様に揺れていたっけね(o^-^o) ウフッ


貴女の大好きなお母しゃん 独り占めしたいから 誰かが来ると襲ってたね… (苦笑)

本当は、とっても天真爛漫 オテンバさんだけどいい子なの 知ってるよ♪

出掛ける気配に敏感で 後追いして鳴いていたけど お友達のクマさんと一緒にお昼寝しながら
ちゃんとお留守番していたじゃない・・・ (いい子 いい子・・・♪)

成長と共に 動きがすばしっこくなり 高いところが大好きで 
イタズラ盛りの頃は、何所にでも家中 探検していたね・・・・。

シーツやお布団のカバーを変えている時は、「お呼びですか~~」っ言わんばかりに
お布団の真ん中でハシャギ… イタズラしていたの思い出します・・・。
お洗濯物を干している時も 「バサバサ…」とバスタオルやシーツを干している最中に
その間をくぐって走り回ったりして・・・ ┐(´-`)┌  かくれんぼ 楽しかったね♪


でもね・・・ お母しゃんの事情で、貴女を預けて 札幌を離れた事も 長い入院も 今になれば
本当に可哀相な事をしたなと思ってます・・・・。  
    
      ごめんね  本当に ごめんね。・゜゜・(>_<;)・゜゜・。


今は ただ ただ 最後の数年 貴女と暮らせた事… 本当に感謝しています

貴女のお腹のシコリが見つかり 覚悟したあの日…

延命治療をとるか そのまま自然治癒を待つか・・・ 
もぅ 治らないの知ってたから 貴女らしい最後を選びました…
本当に これで良かったのか 反省することもあります。

どの道が 正しかったのか・・・・ 未だに 分かりません。

でもね、沢山の機械や管に繋がれ 他のワンちゃんや猫ちゃんと入院する事を考えたら

気ままに暮らしていた チックンには、最後まで 野良猫魂で 全うしてくれると
勝手ながら 人間のエゴだよね ごめんね でも 

穏やかに 最後を迎えて欲しかった 大好きな場所で 日向ぼっこしながら
大好きな人たちと一緒に 時間過ごしてほしかったの…

チックンの小さな前足を擦りながら 頭を撫でながら 貴女を看取れたこと
最後の 最後に 母親になれたこと 感謝です。

貴女の亡き骸は、いつも日向ぼっこをして眠っているようで 
起きて来るのを待ちました・・・

夜になっても 貴女は起きて来なくて 何度も 何度も名前を呼びました
でも でも 応えてくれなかった・・・  
朝にあんなに泣いたのに また泣いてしまいました・・・・
ベランダで咲いていた お月様と同じ色の ビオラを沢山 摘んで
貴女の眠る箱に散りばめました・・・。 
保護したあの夜以来の相棒 ボロボロに成ってしまったけど
クマちゃんも一緒にね


至らない母親で ごめんなさい・・・ 
 

   ありがとう・・・・  

チックンと 貴女と暮らした時間は、お母しゃんの大切なモノです。
お金では 買えない とても とても 大切な 宝物♪

 
    チックン・・・  (にゃーっ♪)  (o(=^・^=)(^o^)o)♪

c0254440_2175755.jpg  

 抱きしめたい… 貴女の小さな体を 
 
     抱き上げて チックンを感じたい…

貴女の重さが いやそれ以上に お母しゃんの心地いい責任でした。

娘の様に 愛情を注ぎ そして沢山の事を貴女から教わりました・・・。



きっと 見えてるんでしょうね!?
泣きながら このブログを書いている事も・・・・

   『当たり!! 』

だって 大好きなんだもん・・・     まだ チックンに恋してます・・・
   だから…   だから   とっても 寂しいよ・・・・ (ノ_・、)


でも・・・ 普段は、そんな姿 
誰にも見せないから 誰も分からないと思う。

c0254440_2182820.jpg



そうそう・・・・
セーラームーンが大流行の あの年… 本当は、ルナって名前にしたかったけど

よく ベランダの花鉢に寄ってくる 小さな蜂と戯れているから 
名前に「薫」を入れました。 黒い姿の上に 草冠  
そして千は、「ち」と「せん」をかけて長生きしてくれる事とちっちゃくて 可愛いチックンのちです♪

でも、貴女の粒なら目は、いちさなお月様みたいで 細くなったり 丸くなったり・・・
だから チックンにしたんです…

お母しゃんの愛は、今も これからも 貴女にくぎづけでます… 
 安心して おやすみ・・・


((チックンの母しゃん 心のつぶやき… ))
[PR]
by nene2525v | 2015-10-04 03:43 | 徒然草 | Comments(0)

 October ☆彡

 10月と成りました…  今年の暦も残すところ あと二枚です…


先月の 末に『中秋の名月』と満月だった『スーパームーン』…
満月は、満ちる… パワーストーンやお財布等々… 月光浴すると良いと言いますが
私は、写真を撮りながら いつしか毛が生えてきて 
 
       「わぉーーーーん…」 

・・・・・・・何てことはないけど かなりの影響があり
心身ともに… いや、人間関係や運気までもが・・・ 
未だ本調子ではありません… (涙)

吐き気がする位の酷い頭痛と背中や腰の痛み… 障害になってる足の痛み…
私をお嫁さんにしたいといっている人との 些細な事でギクシャクしていたり
こんなに辛くて 誰かの側に居たいのに 友人も親しくしている叔母達も仕事や家族の用事で 
なぜか一人に成ってしまう…

 愛しい人ほど会えなくて… 側に居たい人ほど遠くに居る…

本当 「降参… (・_・)o尸~~マイリマシタ 」って感じです。

「神無月」と言うくらいなので 今まで以上に気を引き締めなくては…
 ( あっ! 身も引き締め時かもしれない… 汗)


季節の中では、気候も爽やかで 空も澄んでいて 
写真を撮り歩く私としては、この頃が一番好きなんだけど 
今月は、こんな不調な状態からスタートです(×。×)


c0254440_2393758.jpg




世の女性達は、何かお月様の影響は あったのかな!?


先月頃から 人生の岐路に立っている身としてはダブルパンチのノックアウトって
感じで寝込んでしまいました   バキッ!!( -_-)=○☆)>_<)アウッ!
  

四十も折り返し地点を過ぎると 体にも 心にも 人生にも… 
細かく言えば、愛着のある物や長年あった物   何年も年賀状だけの付き合いの人…

いろんな意味で 総清算って感じなのかな!?


先の見通しが付かなくて ただウロウロと歩き回る・・・と、言うよりもがいているのかも知れない。
決まると素早い私だが 決まるまでが こんな感じで 悩んでいる。

私より先輩の人たちにしたら笑ってしまう事かもしれないけど
この年まで生きていると 色んな経験をし沢山の教訓や生きる糧があるのに
ただ ただ 大胆な私も、若いときの様な無謀な?行動が出来ないのだ。  
頭の隅っこで 後先の事を考えてしまい 身動きが取れないのだ・・・。 

この小さなブレーキが まぁーよく利きまして… 本当に情けない┐(´-`)┌  
この年になって「喪う・失う」怖さを知ってから どぅも 勢いがなくなってしまいました。

ある意味、あの頃が羨ましくも思う 自分なのです。


こんな時の処方箋は、どんな方法で 皆さんは乗り越えているのだろう!?

     本当に 苦しい… 

以前だったら こんな私を癒してくれたチックン(猫)がいたのに…

小さな体なのに 未だに存在が大きいチックン♪  

昨日、面白い位当たる テストをしてみました…


その名も 『願い事を叶える不思議なリスト 』

ある意味 今の自分が文字となり 紙の上に現れた瞬間… 
「え~ やっぱり…」と言う感じで驚きました。
 

今更ながら 結婚したほうがいいのか 
このまま ずーっと ビジネスパートナーのままの方がいいのか

いっそう 全てクリアして ずーっと潔く独身貴族を貫くか…
色んなカタチで 導かれているのかな!?



スーパームーン…  今の私は、セーラームーンに助けてもらいたいです。


   『全ての事に意味がある… 』  

 明日   (心も)天気になぁ~~れ♪ 《《《《♪♪(*´▽`*)ノ゛うふふ~




c0254440_0105011.jpg

[PR]
by nene2525v | 2015-10-03 23:47 | 徒然草 | Comments(0)

あれから… 


c0254440_3512965.jpg




今夜は、少し欠けた美しいお月様が 去りゆく夏の夜空で輝いてます。

なんだか眠れず こんな時間から ブログを書いてますが
本当は、何か夏に忘れ物をしたような・・・ そんな寂しさで一杯になり
夜空を眺めていました。 



 早いもので 今年も3分の2が過ぎようとしている今日この頃…
「今年こそは!!」と 頻繁に写真をアップするはずだったのに
とうとう 覚悟しなくてはならない「」が来てしまいました。

二ヶ月前の今日 6月3日  最愛の愛猫 チックン永眠しました。


「たかがペット…」と笑われてしまいそうだけど あんな小さな体なのに
いざ 居なくなってしまうと その存在の大きさに驚きと同時に 
思いの深さ  悲しみの深さに ただただ 今更ながら
バタバタしている自分がいます。


チックンが亡くなった朝 覚悟はしていたのに 
やっぱり 駄目なものです  手足をさすりながら 「側にいるよ…」 「心配ないよ…」 なんて
言いながら 安心させたかったのに σ( ̄∇ ̄;)私が駄目でした。

沢山の思い出が 津波の様に押し寄せてきて 大きな粒の涙が 次々とこぼれてしまい
かえって 最後の最後まで チックンに心配かけたままだったと思う。

ずーっと チックンの看病&残りの余生を共に過し
ささやかな事も 写真に収め 一緒の時間を大切にしてきたが

時間が経つと共に やっぱり 時々 思い出が洪水の様に 私を押し流し
ポロポロと涙が出てしまう。

家族や親しい友人にも言えない 本音の話。


子供がいない私には  我が子の様に愛情を注いできたけど
改めて チックンを亡くして 感じたことは 

彼女のお陰で 母親になったように思う♪


親は、子供に育てられて「親」になると言いますが
まさしく 私は、猫に育てられて「親」になりました。

言葉が無い分 目の動きや仕草、鳴声で話をしたり 状況を判断しなくてはなりません

初めは、沢山葛藤もしたし 我慢もした  それを乗り越えたから 
人として丸く!? (体もね)なってると思います??? 多分・・・


沢山 沢山 感謝してます♪  ありがとう・・・
何事も 生きているうちに 沢山 感謝しておけばよかったと
後悔してます・・・ これは、猫だけではなく 人にも言えるのでは?
今回も 労わる心 学びました

まだ チックンの写真を見ていると 思い出と言う 津波に襲われてしまい
溺れそうになります・・・・
亡くなった亡き骸も まるで いつもと変わらず眠っているようで
勘違いしてしまうほどでした・・・ (汗)

なのでチックンの 写真 色々と載せたいのですが 
もぅ少し先になりそうです <(_ _)>゛゛゛

なので、絵を描いてみました・・・・  

あくまでもイメージですが 
[PR]
by nene2525v | 2015-08-03 04:20 | 徒然草 | Comments(1)