空模様は…心模様?

mirai2525.exblog.jp

気ままな暮らしの中で起きる珍事から 心の葛藤・思い・悲しみや喜び等 感じた事 懐かしい想い出 また夢で見た風景をその日のお天気を通して綴った日々の呟きです… (*´ェ`*) 

ブログトップ

カテゴリ:徒然草( 182 )

月の雫は恋の季節!?…


c0254440_21483950.jpg



数日前に満月を向かえたのですが、これも春の嵐なのでしょうか…
朝から もさもさと雪が降り続き 雪雲の向こう側に隠れて見られなかったのですが
やっと 二月のお月様を見ることができました♪

 
c0254440_21503862.jpg



お月様は、女性の象徴と言われますが、保護ネコちゃん達も女の子の姉妹…
数日前の『猫の日』辺りから
ニャゴニャゴと猫たちの恋の季節がやってきたようです♪ 

やはり 春なんですね=^-^=うふっ♪

早く虚勢手術をしてあげないと 将来的に昨年亡くなったチックンと同じ事になってしまう(゜o゜;
そんな可哀相な事はできません… これも命を受け取った責任です…。


同じ兄弟姉妹でも こんなに違うのかと思うのは、錆ネコのカエデは、二度も盛りが来ているのに
もぅ一匹のキジトラのシオンは、まだそんな気配すら無いのです??(・・。)ん? 

それにしても後数日・・・ 朝から晩までの大合唱が落ち着くと 
人と同じで カエデは、やたらと眠りに入るのです…。

まぁ~ 『寝子・ネコ』ですからね(⌒▽⌒)アハハ!  寝るのは、専門分野だよね♪

見た目は、成ネコですが、仕草も行動も 体も… まだまだ子猫… 

最近 友人達の お悩み相談を受けている事が多くて ちょっと心がお疲れ気味… 


仲良しだからこそ 幸せを願うけど やはり どんな事をされても 相手と同じ事をしたら
こちらも 力になるどころか そんな醜いところは 見たくないのが正直なところ。

  「「損して徳とれ」」  ・・・・  

自分が自分がと 押し倒されると 時と場合によっては、友情にもヒビガ入ってしまいそうだ。
人の悪口はいわない。 何故ならば、言った相手の悪いところを此方が受けてしまうから
マイナスの波動は、どんなにヒーリングを始めようと思っている人間でも 疲れてしまう。

普段 フランクで 気さくなイメージが強いから どうしてもイメージが先に勝ってしまう。
そんな本人は、いたって何事にも 慎重で真面目… ただの堅物ではいけませんね。
互いを思いやる意味でも、そろそろ上手に 受け流す方法 身に付けなくちゃ!


 なんて 世知が無い世の中なんでしょう ┐(´-`)┌  
最終的に 自分がどうしたいのか… どうなりたいのか目的無く 相手を攻撃している姿
やはり 人としてのレベル 下がってますね・・・

悲しいです… とても 寂しい。  心が痛む。

恋愛は、難しい・・・ 夫婦、彼彼女と括りがあって それなのに他に目がいく…
裏切られている事を知りながら 知らないふりをして証拠探しや 半ば犯罪の一歩手前まで…

「勝気」… 使い方を間違えたら 大損します。 女は、弱いところを見せるくらいが丁度いい♪
なんとも 悲しいね・・・ 空しいよ・・・ 

そんな疲れてる私を癒してくれるのは、背が高い初老の紳士… と言いたいところだけど
残念ながら 小さな錆とキジトラのネコたちなのです・・・。

野良だけに なかなか懐いてくれず ここに来て まだ抱っこはできないのです。
やっと手からオヤツのチュールやクリスピーキッス(カリカリ)を食べてくれて 
100均の猫じゃらしで遊んでくれるくらいなのです♪ (^▽^;)


早く 資金を貯めて ヒーリングの勉強始めよう! 自分を癒さなくちゃ┐(-。ー;)┌





 
[PR]
by nene2525v | 2016-02-25 23:35 | 徒然草 | Comments(0)

2月22日は何の日!?・・・





 昨日は、2月22日… ニャーニャー二ャーで 何の日でしょう~か!?

はい 世界友情の日 ・・・(⌒▽⌒)アハハ!

ごめんなさい… ちょっとイタズラしたくなりました<(_ _)>
一日中 色んな所で話題になっていた猫の日でしたね (=^. .^=)ミャー

昨年の今頃は、どんな思いをして過していたのかな…
なんて まだ 振り返ってしまう私。

リラの花が盛りに咲き誇る頃 天国へ行ってしまった愛猫のチックン…
彼女との出逢いは、私の人生の中で 大きく占めている。
だから!? カラダは、ちっちゃくても存在は途轍もなく大きくて 言葉を持たない分 
仕草や鳴声… 目を見てお話をする まるで赤ちゃんそのもの♪

「目に入れても…」 それくらい可愛くて 楽しくて 癒されて 愛しくて

猫の日… 写真を載せようと撮りためたファイルを色々と眺めていた…
やっぱり 懐かしくて 恋しくて… 尊くて ぽろぽろこぼれていく涙。 



c0254440_5244432.jpg



昨年の今頃は、陽だまりのなかで寝てばかり…   あまり体調も よくなかったのかな?? 
( 察してあげられなくて 本当に申し訳ない…)

そぅだね 去年の今頃は、覚悟を決めていた数ヶ月… 
まだイケル… もしかしたら治ってしまうかも… なんて勝手な望みばかり (ごめんね)

そして ゴールデンウィークを越した頃 少しずつ あなたは、天国への階段… 昇ろうとしていたのね リラ冷えの季節に出会った迷子の黒猫は 魂のバトン届けに お母しゃんから羽ばたいていったのね。

チックンが旅立ってから半年ほどたった秋…  第二の人生を共に歩もうと決めた人の故郷、茨城で暮らそうと決意し 一度も北海道を離れて暮らした事がない私には、未知の世界… 陸続きの道内とは違い そうそう簡単に行き来できる訳ではない。  
もしかしたら もぅ北海道には戻らないという決意もあったからこそ 私なりの方法で 一人ひとりが喜んでくれるような 恩返しをしようと考えていた。

先ずは、15年近く家族ぐるみでお世話になっている友人を… 
かれこれ10年ほど前、一身上の都合でチックンを預かってもらっていた友人も チックンが亡くなった寂しさを和らげてもらおうと 二代目の保護猫ちゃんを貰いに一緒に出掛けた。 

これも私なりの節目になるハズだった…

一匹が二匹となり… しかも友人の身に何か起きた場合 保護猫ちゃんの後見人としてサインする事となった(・・?)私・・・・。   またしても 野良です。 
初めは、 トラちゃんだけだったのだが 狭いケージの中で寄り添うようにしていた二匹…  
(沢山の人が入れ替わるように出入りして貰い受ける猫を品定めしていたから 怯えていたんだね)
保護施設の人によると、保護した同じ日、 また同じ場所で保護された猫は、親子や兄弟なのか解からないから同じケージに入れられるとか。

なんとなく… ほんとうに なんとなく  『一人にしないで』と声が聞こえた… 

トラ猫ちゃんと一緒に入れられていた もぅ一匹の錆猫ちゃんを最初 見た目は、いろんな色が交じり合っていて三毛猫か!?と不思議な猫だなって思っていたけど 海外では、珍しい毛色が人気でセレブの人達の間では流行だとか…  まぁ~毛色なんてどうでもいいじゃない♪  
施設では、最低限の事しかしてません。 後は、貰われていく里親さんの役目です。。   

持っていたった籐のケージに二匹 入れてもらい 帰り際 チックンの墓前で手を合わせ 『二代目を保護します 見守ってください』と報告する♪

生後半年位だった子猫の二匹… あんなにガリだったのに 今では… 汗

名前は、友人が希望していた「シオン」にあわせて 毛色のイメージと花言葉で 
錆猫のカエデ… トラ猫のシオン… なんだか不思議  (*´ -`*) 
野花の名前が付いてる二代目達…

亡くなったチックンは、黒猫だったので名前に黒を入れて σ(^^) 母といつも一致していたいから
『致薫・ チックン』と名づけた… いつも 私がベランダでガーデニングをしていたてら
まだ子猫だったチックンは、私の後をちょこまかとついて来て ベランダに置いてある木製の花用にしていたテーブルの上で チョコンと日向ぼっこしたり… 鉢花に飛んできた蝶や小さな虫と無邪気に戯れている姿が なんとも可愛くて… そよ風に細い毛をなびかせてベランダでお昼寝。
そんな黒い毛のカラダに草冠をつけて♪ 『薫』という文字にしてみました・・・

そんな黒猫の一代目は、天国へ行っても 時々、ヤンチャばりばりのツインズ達と 
人が眠った真夜中に みんなで遊んでいるのかも・・・ お部屋の中がテンヤワンヤになって居る事がある。=^-^=うふっ♪


よーく観ていると まるでチックンの生まれ変わりじゃないかと思うほど
仕草や行動、クセなど生き写しかと思うほど似ているカエデ…
 
更に、よーく観察していると シオンも 小さな牙の様な歯と臆病なと頃は似ているのかな?
二匹で分かち合っているような チックンの面影… (*´ェ`*)
黒猫チックンが届けた命のバトンは、この二匹だったのかなぁ~!??
 

改めて落ち着いてみると 昨年は、大きな 大切なものを二つも失ってしまった。 
全ての事に 意味が合ったようです。

後見人になった私は また こうして 
少しずつ 距離を縮め 猫達のお母しゃん… してます。
 
はやく 抱っこしなさいよ~ ρ(´ε`*)イジイジ


c0254440_6253043.jpg

[PR]
by nene2525v | 2016-02-23 23:40 | 徒然草 | Comments(0)



数日前…と言っても 先週の土曜日の夕方から3泊ほど  
田舎から叔母が札幌まで遊びに来てくれたのですが… 
昔、自分が遣っていたお店の常連客との数十年ぶりに再会するとかで 羽を伸ばしにていた…

実は、その一週間前 私も叔母が住んでいる田舎に 
久しぶりに里帰りしてきました♪


札幌から車で2時間ほど東の山間を抜けるとそこが私の生まれ育った故郷です。
本来なら お正月に里帰りして 両親や家族と過すのだが よりによって年の暮れになって
昨年末 突然 引越しをする事になりに 引越し業者さんとの見積もりをとるために何社かと話し合い
また 荷造りをしたり 不動産屋さんに役所や警察… その他、銀行、病院等々 ┐(-。ー;)┌
毎日 毎日 何かしらバタバタと 入れ替わり立ち代り めまぐるしくしていた為
お正月は、実家に帰ることなく たまたま仕事などで札幌に残っていた独り者(友人)が集まり 
ささやかながら 暫しの休息… ノンビリ過した。

そんな訳で 今月の7日に 私も また一つ 無事に年を重ね
お誕生日を向え気持ちも新たに 改めて 日頃 私を見守っていてくれている 
我が一族の先祖達に感謝を伝えたくて… そして父や母の元気な姿が見たくなり 
手土産をたくさん持っての プチ・旅をしながら里帰りです。

もちろん それだけではないです いつも私の帰りを楽しみにしてくれている叔母こと 
今回 札幌に遊びに来てくれた叔母に会う為でもあります♪


c0254440_2391538.jpg



やっぱり 蒔きストーブの匂いは 我が家の独特の匂い…
パチパチと音を立てて燃える薪は なんだか心地いい…

普段とは違い 街の雑音もなく ただ ただ カチカチと時を刻み
大きく揺れる柱時計の音が  優しく 穏やかに 時が流れていく…  

バス停まで母が迎えに着てくれたので 待ち侘びるように 自分の部屋から出てきて
どこか少年の様にふざけてみせたりして 久しぶりに家族がそろう事を嬉しそうに 
母や私に突っ込みを入れられていた ┐(´v`)┌
 

そぅだね・・・ そぅだよね・・・ 前回 帰ったのが 多分 実家の辺りの山々が
深く色づく頃のに 何ヶ月も寝込んでいて 心身ともに追い詰められて 
自分自身 どうしたらいいのか まったく解からなくて 何か解決策が荒れ場いいのにと
願いつつも 切羽詰るような状態で 命の危機を感じながらの帰郷だったね。

    身辺整理 
自分の身に 何が起きてもいいように 誰の手も煩わすことなく
全ての片付けをしようと 実家に置いてあるモノを整理し また役所に行くためだった。

どんなに苦しくても 辛くても あの時の現状は、夜中に枕をぬらしても
親には心配かけられないと 一人夜も眠れず 深まる秋の夜は 山間部だけに
凜としていて 空の星座だけがくっきりと輝いていたわなぁ…
 
自分の未来が どうなってしまうのか… 
自分のしている事なのに  誰か… 見えない物に支配されているような 
そんな中途半端な グレーの迷路の中で 必死に出口を探していた時だった。

      全ての事に意味がある
  
・・・・・・確かに  今になって思い返せば あったね 全ての事に… 意味は、あったよ。
苦しさの中で 導かれた答えがあった。

だから こうして こんな時期になって 今年初めての里帰りであり 墓参りだった。

最愛の祖母が生きていたら 何て言っただろう… どんなに装っても 
幼い時から育ててもらった祖母には、心のうちも 何もかも お見通しだと思うけ
だから隠さず 全てをさらけ出し 曲がった事も 世間に指差される様な 
みんなに迷惑かける事もしていないハズ!?

c0254440_1564938.jpg


c0254440_43078.jpg


雨降って地かたまる

2月だと言うのに 次の日は、一ヶ月先の様な 暖かくて 朝から雨模様…

母は、同窓会で一泊するので 今夜は、父と二人…  
こんなお天気だから!?  それとも札幌より標高が高い実家だから!?
昨夜は、髪を乾かして寝たけど風邪引いたのかな!? 頭痛と首肩が痛いので
お寺に行くのを次の日にしようか迷っていていたら 早速叔母からの電話です(^^;;
・・・・と言う事で 昼頃 お寺の用事から帰った叔母が さながら拉致された感はあるけど迎えに来て 
半日 他愛も無い事ですが お茶をしながら笑ったり お喋りしたりと 
ちょっと気の早い話ですが 今年の文化祭に出す(大作)作品のアイディアやら相談やらとあれこれ思案していたら 時間は、あっと言う間で 父が迎えに来た。   
今夜は、外食♪ お蕎麦好きで お蕎麦屋さんのカツ丼が美味しくて 
里帰りしたら 必ず寄る お気に入りのお店で夕食です(*^^*)

すっかり外は、暗くなり 気候が この時期より かなり暖かいから 街の中は
ベールの中に包まれているような なんとも幻想的な風景が広がっていた… 

日曜日の昼に前日から泊まりで出掛けていた母が帰り 
夕方 バレンタインデーのプレゼントを持って甥っ子達家族が遊びに来た♪

何かしら 記念日には、父や母 家族に心づくしのプレゼントをしてくれる
弟(次男)のお嫁ちゃん。  我が家の兄弟5人の中で 最初に結婚したこともあり 
兄弟頭の姉の私にとっては、なにかと支えてもらっている頼もしい(義)妹… 

なにより懐妊し 初期の頃から流産しそうになりながら入退院を繰り返し 
やっとの思いで待望の孫の顔をみせてくれた事は、子供が産めない私にとって
両親に孫を抱かせてあげられなかった負い目もあり
何より彼女には、感謝 感謝で一杯なのです♪ 

そして一人娘なのに 兄弟の多い我が家に嫁いでくれたことも また有難く 
実の妹のように可愛いのです・・・(o^-^o)

お互いに 仕事や住んでいる所が遠かったりと なかなか会う事が無くなってしまったけど
賑やかで 和やかな日曜の夜は、私にとって久しぶりに大所帯での晩餐となった
    :*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*: ワーイ

怪獣の様な甥っ子たちも 会うたびに 少しずつお兄ちゃんとなり… 
将来が楽しみでならないのは、パパ、ママも 
そして父(じー)母(ばー)も σ(^^) わ・た・しも同じなのです♪ 

月曜の朝は、大荒れ…  父は、相変わらず 毎日 部屋で絵を描いていた。
母は、掃除をしたり洗濯をしたり 長電話したり!?・・・・ 
やはり 頭痛、首肩こりは、治らず。
どこかマッサージでもしてもらいたいほど辛い… 
風邪や肩こりだと思って 葛根湯をのんで寝ているけど
直らないという事は・・・ 誰かな??

そんな不調な状況で またしても叔母の誘いにのり 叔母のところへ出掛けてきた。
今日は、父の描いた絵の事から始まり アートの話題やらテレビの取材の話などで盛り上がる♪

叔母は、20年程前に起きた淡路での震災があった次年に伴侶を亡くし 
娘たち家族と暮らしていたけれどいろいろとあって 今は、一人で暮らしている だから こうして気軽に 叔母のところへ遊びに行けるのだが ただ 最近 物忘れが酷いと 自ら心配しているので もし、何か起きたらと心配になる。  私と年の頃が同じ娘がいるが 気を遣うばかりで 叔母らしくいられず 数年前に別居…
近くに住んではいるが・・・ 犬猿の仲??
だから尚更 感性が似ているからなのか 私が帰ると 話し相手に誘いに来るのです。

毎日毎日 お天気が悪く 足止めされていたけれど 充実した時間過ごせました

実家から帰る日の朝… やっと期待していた 風景を撮る事ができた♪ 


c0254440_30425.jpg
  



キラキラと 朝日に輝く樹氷… 日が昇り始めると 辺りの空気が 放射冷却でダイヤモンドダストとなり
なんとも 美しい風景が目の前で くり広げられていた♪ (*´ェ`*)

旭川で暮らしていた時以来 こんなに美しい ダイヤモンドダストを観たのは… 

なんだか 一人で見ているのが勿体無い・・・・  
いつか 一緒に 感動できる人 出来たら素敵だなぁ~♪
 
     

c0254440_4272649.jpg

[PR]
by nene2525v | 2016-02-23 22:04 | 徒然草 | Comments(0)

ギョへ~~


今日から(と、言っても日があけてしまったので昨日ですが) 禁酒です…  
じ、実は… 数日前から何が原因なのか分かりませんが 顔や首、手のフシや甲等… 
湿疹が出てしまい 熱があったのか金曜日は、朝から 
ぷっくりと浮腫むほどカサカサ・カユカユ状態なのです。 
ちょっと不摂生のし過ぎかな!? ヾ(_ _。)ハンセイ…

そんな訳で、土曜日の午前中は、皮膚科にかかってきました。
そこで医師から衝撃な一言を聞かされてしまった 
『血行が良くなることは控えるように アルコールは、控えめ お風呂は、長湯は禁物!』 …(゜∇゜ ;)エッ!?

毎晩!????の様に飲んでいたワインは、暫くお預けとなりました (T▽T;) ぐわわぁぁ~ん!


c0254440_17131525.jpg

(ラベル・コレクションしているので まとめて作業をする為 こんなに溜まってしまいました まだ他にも…汗)


そんな化粧も出来ない状態の顔に マスクをし、深々とニット帽をかぶり 
サングラスをニット帽の上にかけ 何所から見ても怪しい人(^^;;になりながら 
昼過ぎに 実家(田舎)から叔母(父の直ぐ下の妹)が遊びに来て数日羽を伸ばすようで…
その叔母から連絡があり 待ち合わせ場所が、札幌駅バスターミナルだったので
近くのステラプレイスの無印良品へ寄ったり その下の階にある本屋さんで
今や色んな種類がある「大人の塗り絵」を吟味したり… 春から始めようと思っているシータヒーリングの本を探したりと時間を潰していた・・・。 


何故 姪である私を こんなにも可愛がってくれるのか 
同じ年頃の娘がいるのに何故!? 時々疑問に思うことがある…

やはり ばかばかしい話やどうでもいい話… お互いにお腹抱えながら笑い合うような事から趣味などの感性の話が合うから!?  血筋なのか? はたまた感性が似ているから? フィーリングが合うから?? 似た物同士たから!?  私は、余計な事を言わず 何でも合わせる相手重視だから!?
・・・・なんとも不思議なのですが 
今回 里帰りしたときにお茶飲みしながら話していた事ですが なんと私のために 
魂つめながら夜なべして 「イツでも イイョ」と言いながら リクエストした和柄布のパッチワークをしたランチョンマットを作ってきてくれたりして  おみやげに 叔母がお取り寄せしている「もっこす蜜柑」から届いたばかりだといって大きなパール柑まで… (o^-^o)  本当に頼もしく有難く 感謝なのです♪


c0254440_17284121.jpg

c0254440_17291526.jpg


そんな叔母と 暫しのお喋りタイム♪を大丸のカフェで… 
久しぶりにポット入りの 美味しいお紅茶を頂きました(*^^*)
毎度ながら 喋り過ぎ 笑いすぎ 咽喉カラカラですわ・・・

明日(今日)は、せっかくの日曜日なのに… 大荒れになるとか 
前後してしまうけど 先日 里帰りした時の事など 一日 ブログの更新でもしようかな♪
[PR]
by nene2525v | 2016-02-21 01:27 | 徒然草 | Comments(0)

**ゆ・き・あ・か・り**

今日も、神々しく春らしい陽ざしの朝を迎えました・・・

『 北から光の春… 南から暖かい春… 』
と言われますが 外は、まだ寒い日が続く北海道
寒いからこそ 陽ざしの明るさに春らしさを感じるのかもしれませんね(o^-^o)

そんな寒い2月の北海道では、この時期ならではの雪や氷のお祭やイベントが
彼方此方で始まりました。

先週の土曜日 日が暮れるころ、昨年から気になっていたススキノの南側にある
中島公園にカメラを持って行ってきましたよ。


c0254440_13123835.jpg


c0254440_13132934.jpg


c0254440_1314040.jpg


c0254440_13145262.jpg


c0254440_13252487.jpg


c0254440_13262030.jpg


c0254440_13281287.jpg


c0254440_1328302.jpg


c0254440_13303111.jpg


c0254440_13352226.jpg



地下鉄駅を出て 数年ぶりに尋ねた園内では、なんとも「ほっこり」する風景が 何所までも広がり  また何所までも続いていました。
夢の中に迷い込んだ様な風景の中 色々な感情や思いと共に ぶらりと 雪道を踏みしめながら歩いてみました…



c0254440_15433823.jpg



日が暮れて こんなに冷え込んできているのに やんわりと灯る光… 
辺りの雪の白さと雪の粒が更に ほっこりと 沁みてくる優しい色となって…
心の中は 天真爛漫な幼い少女の様に 好奇心と嬉しさで一杯に満たされている♪
 
c0254440_15442470.jpg


c0254440_15445295.jpg


c0254440_15451740.jpg



ここ札幌市や近郊だけでも、大通り公園の「雪まつり」… 定山渓の雪灯路… お隣の街
小樽の「雪あかりの路」や千歳の支笏湖「氷濤(ヒョウトウ)まつり」… ちょっと足を伸ばして行ってみたい層雲峡の「氷瀑(ヒョウバク)まつり」… ニングルテラスがある富良野の新プリンスホテルでの「歓寒村」… トマムの「アイスビレッジ」、十勝川の白鳥まつり「彩凜華(サイリンカ)」… 阿寒の「冬華美(フユハナビ)」や今年で最後となってしまう知床ファンタジア… 函館の街が煌めく「はこだて冬フェスティバル」… 等など その他にも各地で その土地ならではのイベントがありますが… 冬の北海道、一度に行く事は無理なので 何年もかけて 冬の楽しみになると素敵ね :*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*:


   ・・・・・・・・・・・ やっぱり 誰か一緒に感動や喜びを共有出来る人 探そうっと
[PR]
by nene2525v | 2016-02-09 16:03 | 徒然草 | Comments(1)

熟成中…





 もさもさと降り続いていた雪もやみ 今朝は、眩しいくらいの朝日とともに一日が始まり
春らしく陽気な一日を過ごしていた♪


昨日 とうとう… また一つ 年を重ねた。  47年物のビンテージとなり
更に 熟成中であります(^^;;  

人間的には、どれくらいマロヤカで 芳醇なものになっているのか!?
自分では、よく分からないけど ただ一つ言えることは… 
まだまだ 寝かせるとウマミは もっと増していく・・・ ハズ!?

ただし、置かれている環境次第で どちらにでも化けることはできる!?という
ちょっと 妖しさはあるかもしれない (爆笑)

   
今までの環境が あまりにも苛酷だっただけに 中身がどれほどの価値があるのか分からないけど
人が持っていないもの… 置き忘れてしまったものを未だに持っているということは確か。


だから 昨日の朝は、メールやライン、フェイスブック等々 
あちこちからお祝いメールが寄せられて とっても嬉しかった♪

持つべきは、遠い親戚より 近くの他人♪ 本当に 感謝です。

親兄弟からのお祝いの言葉は無かったけれど 
誰かにお祝いしてもらうと言う事は、幾つになっても本当に嬉しいものです(*^^*)

c0254440_2322505.jpg



昨日は、日曜日 今年最初の百合が原公園へ出掛けてきた♪
『雪わり草展』を見に行ってきたのです。


外は、雪まみれですが 温室の中は、春そのもの 
「雪が解けたら こんな風景が広がるのかな~」 なんて思い描きながら 
可愛らしい春を告げる妖精たちをカメラに収めた♪♪ 

温室の大きなミモザは、まだ少し蕾だったけど 数日後 暖かい日が続くようなので
一気に咲くのでは?? 楽しみです  (*^^*)ポッ

椿やサザンかも満開になっているものもあったけど まだまだこの先も 見ごろかな♪

c0254440_23481319.jpg
c0254440_23485280.jpg
c0254440_23492430.jpg
c0254440_23495337.jpg


(まだまだ写真があるのですが ありすぎて 次回アップしておきますね)



さてと お隣の国も 春節を迎えたようです。
私も 新たな一年が始まりました… 

今年は、学びの年にしたいと思います♪ 
何かに夢中になっていないと 去年の事に引き戻されてしまい 
また あれこれと考えてしまい 恋しくなってしまうから

どこかで区切りをつけないとね。  

p(*´∇`*)q ~ ガンバレー 私♪


 
[PR]
by nene2525v | 2016-02-08 22:21 | 徒然草 | Comments(0)

~ 春の産声 ~

「あぁ~今日も朝から陽ざしが眩しい冬晴れ~」 なんて言う表現は、昨日まで。
節分が過ぎた今日から『春』… 春とは言ってもまだまだ寒い日が続きます。

しかし 寒さの中で確実に成長している木の芽や 日々の生活の中で陽ざしが
日毎明るくなってきたり 暖かく感じたり… 川のせせらぎが眩しく煌めいていたり
この時期 そぅ!  この時期だからこそ味わえる物やイベントや
風物詩を楽しめるのではないでょうか。
そんな小さな移り変わりを愛でながら また感じながら 
爽やかで麗かながやって来るんでしょうね♪♪

陽ざしが暖かく 日が長くなってくると 人は、何故ワクワク・そわそわしてくるのでしょうね♪ 
“o(* ̄o ̄)o”ウッキーウッキー♪

明日から札幌では、雪祭りが始まります… 札幌近郊でも 雪や氷のイベントが始まってます。
今年は、何所に行こうかな~!? 
この雪や氷のイベントが終る頃には、バレンタインデーがあったり 桃の節句があったり…
なんだか楽しみです 《《《《♪♪(*´▽`*)ノ゛うふふ~

c0254440_1021642.jpg
 
[PR]
by nene2525v | 2016-02-04 10:29 | 徒然草 | Comments(0)

**柊**




 「ヒイラギ」と聞いて真っ先に頭に浮かぶのは、クリスマスと思う人が多いのでは?…
刺だらけのギザギザの葉っぱに触れると ヒリヒリするところから名前が付いたようですが
何故 日本では、節分に柊の枝に鰯!?と疑問になり調べてみました。

節分に柊と鰯!?… 
別に鰯でなくても ヒイラギでなくてもと思うかもしれませんが 
昔から臭いのきついものや尖ったものを厄払いに用いたようです。
そこで、鬼の嫌いなものは「臭い鰯(いわし)の頭」と「痛い柊(ひいらぎ)のトゲ」とされ
鰯の頭を焼いて柊の枝に刺し、それを家の戸口に置いて鬼の侵入を防ぐ
焼嗅(やいかがし)という風習がうまれたようです。

節分に用いられるだけではなく魔除になるということから、よく庭にも植えられています。
( 心の声: 「魔除」・・・ 家の垣根に植えられていたら 泥棒さんも悪さはできないよなぁ~??)

c0254440_13575964.jpg


そんな柊も、金木犀にそっくりの白くて可愛い花を咲かせます。やがて木が年老いてくると
葉の刺がなくなりまるくなってくるとか… なんだか正義感に満ちあふれながら邪気を払いの戦士も
時の流れと共に優しいおじいさんになっていく様は、人生のようですね♪(*^^*)


そもそも節分って!?・・・  文字通り季節を分ける=季節の変わり目という意味から
立春だけでなく、立夏立秋立冬の前日全てに節分の行事がありました。 
季節の変わり目には邪気が入りやすいと考えられており、新しい年を迎える前に邪気払いをして 穢(けが)れを清め 福を呼び込むために、宮中行事として追儺(ついな)という行事が行われるようになり(俗に鬼やらいや厄払いとも呼ばれます)、その行事のひとつ豆打ちの名残りが豆まきというわけです。


12月31日が暦の終わりなら 節分は、季節の終わりという事かな!?
じゃー 1月1日が暦の始まりの様に 節分の次の日が立春というのね♪

c0254440_158388.jpg



節分の行事は、豆まきだけではなく地方によって様々ありますが 
最近では、とその年の干支に基づいて最も良いとされる方角に向って
巻き寿司にかぶりつく風習が西の地方である様ですが
ここ北国でも この季節になると彼方此方で『恵方巻き』の予約やポスターを見にするようになりました。
今夜は、北海道でも 恵方巻きにかぶりついているご家庭が沢山あるでしょう♪

我が家も ささやかながら福を招く準備します… (^ー^)ノ゛゛

 
[PR]
by nene2525v | 2016-02-03 15:48 | 徒然草 | Comments(0)

 夫婦の日??


11月22日を数字のゴロあわせで『いい夫婦の日』というのは
当たり前の様に皆が知っている記念日となった昨今… 
ちょうど秋の連休や祝日などを利用して 各地で「夫婦」で利用すると
割引や格安になるイベントもあったりもする。 
しかし、この2月2日「夫婦の日」を知っている人は、どれだけいるのだろう?

夫婦 …  あれから何年になるのかな!? 妻を卒業して随分月日がたったはず… 
真面目に妻だったなら おそらくスィート10ダイヤモンドも二個目ゲットしていたかもしれない… (残念)
しかし、婚約する時も 結婚した時も 普通に夫と同じ夫婦としての証… 式を挙げていない分 絆を感じられるモノが欲しかった。
何年たっても指輪は無く 何度も小さな子供が持っているようなオモチャでも欲しいとお願いした事があったが、最後の最後まで そんな物は、一度も無いまま卒業してしまった (苦笑)

ある意味、子供も 指輪も 慰謝料も 無かったから 気兼ねなく自由になれたのかも知れない。(感謝)
多分 不器用だけど一途で慎重な私が、指輪をもらい 子供が居たなら 
きっと どんな困難にも耐えながら 子育てをし今も妻だったと思う 下手をすれば孫が居たかもしれない??

今は、当たり前になってしまった『バツイチ』  たかが紙切れ されど紙切れ… 
まっさらだった物にバツが付く  それだけでも、肩身が狭く恥ずかしいと思っているのに 
最近は、バツイチどころかバツ2、バツ3… バツ5って言う人も居るとか┐(´-`)┌  
添い遂げたいと思うのにそれが出来なかった事に自分の不甲斐無さを感じている私より 
上には上がいて なんともビックリポンな話であり ある意味 羨ましい事です・・・


このバツイチ  昔から『類は友をよぶ』と言う様に 私の辺りは、バツイチ軍団ばかり… (-。-;)
女は、例え伴侶が居なくても 子供が居ると最強です。 子供が産めない私には分からないけど
本当に「母は強し」と言う感じで 同性から見ても頼もしく感じる。
あの頃のバツイチ軍団も、子供達も巣立ち 家庭を持ったり子供(孫ちゃん)が出来… 
その親たちも新たに人生のパートナーが出来たり 若いお婆ちゃんとなり孫マゴしてる。

本当なら 半年前 共に歩み 私の死に水を取ってもらうはずの人が居た。
しかし あまりにも幸せな時間が続き 怖くなってしまった。 

子供の時から 大切な人を失い続け 迫害や苛め いろんな修羅場を乗り越えてきたから
「今度こそ幸せになりたい」と思うけど  幸せ… 愛される事の免疫が薄いと 
捕まえた幸せも またイツか 突然 私の前から消えてしまうのではと 失(喪)う恐怖が襲い掛かってきて 自ら手放してしまう。

今でも頭では、十分理解しているのに 心だけは・・・
夢の様な時間は 既に終っているのに まだ深いマドロミの森で彷徨いながら 眠り続けている。 
次に進みたい でも 心の中に大きな杭が刺さり 身動きが出来ない。 
自ら背負った 十字架…  それがこの苦しみなのかもしれない
約束を守らなかった自分… 相手を 裏切り傷つけてしまった罪悪感。
一度でも 相手を不信に思い憎んでしまった自分が許せない
愛するが故の決断だったとしても 裏切りは裏切り… 憎まれても仕方ない


明日は、節分    『鬼は外… 福は内… 』と豆まきもいいけれど 
今は、自分の中に潜む鬼を出し切りたいと願うばかり


はやく身軽になりたい… 全ての鬼(ウミ)を出し切り 心身ともに健やかになりたいと願う。


彼が口癖のように言っていた『笑顔』で いつもいたい・・・。
 
c0254440_043030.jpg

[PR]
by nene2525v | 2016-02-02 23:34 | 徒然草 | Comments(1)

*** 如月 ***




c0254440_1964359.jpg


  『 北から光の春… 南から暖かい春…』 と言いますが 
外は、まだまだ寒さ厳しい日が続く北海道…
一ヶ月前の今頃は、まだ365日あると 余裕と 心機一転 希望に溢れていたが
時の流れは早いもので、12分の11となった今 このまま一年が終ってしまうのではと 
焦りながらの如月を迎えました。 

先日の土曜日 毎月一度通っている病院に入ってきましたが マスクをしている人が沢山いました。
暖冬といわれた今季の冬ですが、急激に寒さが厳しくなってから いつもの年より遅く 風邪やインフルエンザが流行りだしてきたようです。
私も 何年も前から 子供だましのような事ですが 外出するときは、マスクと首元、足元を温めるマフラーやレックウォーマーは、必需品です。 そして家に帰ると、まず何よりも先に 「手洗いウガイ…」を欠かしません。

c0254440_19142836.jpg




イツの頃からでしょう… ハンドソープとウガイ薬がこの季節のアイテムとなったのは!?
このアイテムが洗面所に並ぶと「冬が来たんだ」と季節を感じるようになりました♪

その他にも、葛根湯… これは 我が家の常備薬です。
寒くて体を縮めながら過す事が多くなるこの時期 
肩こりや風邪の初期は、ネル前にたっぷりの白湯と一緒に飲み温まってから休みます。
たいていの症状は、それだけで改善できてます♪♪

それで駄目な時は、さすがに病院へ行きます… 

 
こんな寒さでも 春は着実に近づいているようです 
ここ数日 友人の所に来てますが、ニャンズ達は、恋の季節を迎えており 
「ニャオニャオ」信者となってます(^^;; 
まだ一匹だけですが 多分 もう一匹も… 時間の問題かな???  ┐(´-`)┌

やはり猫は、癒されます♪ 自分では、昨年 亡くなった愛猫(チックン)の事が 
落ち着いてきたところですが、未だに 似たような猫ちゃんを見ると 恋しくなります。
沢山の愛情を注いだ分… その存在は、自分が思うよりも かなり大きく感じています。

このニャンズ達に 慰められ癒されてに時々 遊びに来ますが
いつか 自分に 余裕ができたら 保護猫ちゃんを頂いてこようと思います♪♪ 

でも… それは まだまだ先の話かな・・・・。
[PR]
by nene2525v | 2016-02-01 18:32 | 徒然草 | Comments(0)