空模様は…心模様?

mirai2525.exblog.jp

気ままな暮らしの中で起きる珍事から 心の葛藤・思い・悲しみや喜び等 感じた事 懐かしい想い出 また夢で見た風景をその日のお天気を通して綴った日々の呟きです… (*´ェ`*) 

ブログトップ

2月22日は何の日!?・・・





 昨日は、2月22日… ニャーニャー二ャーで 何の日でしょう~か!?

はい 世界友情の日 ・・・(⌒▽⌒)アハハ!

ごめんなさい… ちょっとイタズラしたくなりました<(_ _)>
一日中 色んな所で話題になっていた猫の日でしたね (=^. .^=)ミャー

昨年の今頃は、どんな思いをして過していたのかな…
なんて まだ 振り返ってしまう私。

リラの花が盛りに咲き誇る頃 天国へ行ってしまった愛猫のチックン…
彼女との出逢いは、私の人生の中で 大きく占めている。
だから!? カラダは、ちっちゃくても存在は途轍もなく大きくて 言葉を持たない分 
仕草や鳴声… 目を見てお話をする まるで赤ちゃんそのもの♪

「目に入れても…」 それくらい可愛くて 楽しくて 癒されて 愛しくて

猫の日… 写真を載せようと撮りためたファイルを色々と眺めていた…
やっぱり 懐かしくて 恋しくて… 尊くて ぽろぽろこぼれていく涙。 



c0254440_5244432.jpg



昨年の今頃は、陽だまりのなかで寝てばかり…   あまり体調も よくなかったのかな?? 
( 察してあげられなくて 本当に申し訳ない…)

そぅだね 去年の今頃は、覚悟を決めていた数ヶ月… 
まだイケル… もしかしたら治ってしまうかも… なんて勝手な望みばかり (ごめんね)

そして ゴールデンウィークを越した頃 少しずつ あなたは、天国への階段… 昇ろうとしていたのね リラ冷えの季節に出会った迷子の黒猫は 魂のバトン届けに お母しゃんから羽ばたいていったのね。

チックンが旅立ってから半年ほどたった秋…  第二の人生を共に歩もうと決めた人の故郷、茨城で暮らそうと決意し 一度も北海道を離れて暮らした事がない私には、未知の世界… 陸続きの道内とは違い そうそう簡単に行き来できる訳ではない。  
もしかしたら もぅ北海道には戻らないという決意もあったからこそ 私なりの方法で 一人ひとりが喜んでくれるような 恩返しをしようと考えていた。

先ずは、15年近く家族ぐるみでお世話になっている友人を… 
かれこれ10年ほど前、一身上の都合でチックンを預かってもらっていた友人も チックンが亡くなった寂しさを和らげてもらおうと 二代目の保護猫ちゃんを貰いに一緒に出掛けた。 

これも私なりの節目になるハズだった…

一匹が二匹となり… しかも友人の身に何か起きた場合 保護猫ちゃんの後見人としてサインする事となった(・・?)私・・・・。   またしても 野良です。 
初めは、 トラちゃんだけだったのだが 狭いケージの中で寄り添うようにしていた二匹…  
(沢山の人が入れ替わるように出入りして貰い受ける猫を品定めしていたから 怯えていたんだね)
保護施設の人によると、保護した同じ日、 また同じ場所で保護された猫は、親子や兄弟なのか解からないから同じケージに入れられるとか。

なんとなく… ほんとうに なんとなく  『一人にしないで』と声が聞こえた… 

トラ猫ちゃんと一緒に入れられていた もぅ一匹の錆猫ちゃんを最初 見た目は、いろんな色が交じり合っていて三毛猫か!?と不思議な猫だなって思っていたけど 海外では、珍しい毛色が人気でセレブの人達の間では流行だとか…  まぁ~毛色なんてどうでもいいじゃない♪  
施設では、最低限の事しかしてません。 後は、貰われていく里親さんの役目です。。   

持っていたった籐のケージに二匹 入れてもらい 帰り際 チックンの墓前で手を合わせ 『二代目を保護します 見守ってください』と報告する♪

生後半年位だった子猫の二匹… あんなにガリだったのに 今では… 汗

名前は、友人が希望していた「シオン」にあわせて 毛色のイメージと花言葉で 
錆猫のカエデ… トラ猫のシオン… なんだか不思議  (*´ -`*) 
野花の名前が付いてる二代目達…

亡くなったチックンは、黒猫だったので名前に黒を入れて σ(^^) 母といつも一致していたいから
『致薫・ チックン』と名づけた… いつも 私がベランダでガーデニングをしていたてら
まだ子猫だったチックンは、私の後をちょこまかとついて来て ベランダに置いてある木製の花用にしていたテーブルの上で チョコンと日向ぼっこしたり… 鉢花に飛んできた蝶や小さな虫と無邪気に戯れている姿が なんとも可愛くて… そよ風に細い毛をなびかせてベランダでお昼寝。
そんな黒い毛のカラダに草冠をつけて♪ 『薫』という文字にしてみました・・・

そんな黒猫の一代目は、天国へ行っても 時々、ヤンチャばりばりのツインズ達と 
人が眠った真夜中に みんなで遊んでいるのかも・・・ お部屋の中がテンヤワンヤになって居る事がある。=^-^=うふっ♪


よーく観ていると まるでチックンの生まれ変わりじゃないかと思うほど
仕草や行動、クセなど生き写しかと思うほど似ているカエデ…
 
更に、よーく観察していると シオンも 小さな牙の様な歯と臆病なと頃は似ているのかな?
二匹で分かち合っているような チックンの面影… (*´ェ`*)
黒猫チックンが届けた命のバトンは、この二匹だったのかなぁ~!??
 

改めて落ち着いてみると 昨年は、大きな 大切なものを二つも失ってしまった。 
全ての事に 意味が合ったようです。

後見人になった私は また こうして 
少しずつ 距離を縮め 猫達のお母しゃん… してます。
 
はやく 抱っこしなさいよ~ ρ(´ε`*)イジイジ


c0254440_6253043.jpg

[PR]
by nene2525v | 2016-02-23 23:40 | 徒然草 | Comments(0)