空模様は…心模様?

mirai2525.exblog.jp

気ままな暮らしの中で起きる珍事から 心の葛藤・思い・悲しみや喜び等 感じた事 懐かしい想い出 また夢で見た風景をその日のお天気を通して綴った日々の呟きです… (*´ェ`*) 

ブログトップ

左義長


 松の内が過ぎて鏡開き、小正月の左義長(どんど焼き)などがあります。
お正月に行われる火の祭り。 門松、しめ縄、書初め等を焼き、その火で餅を焼いて食べると無病息災になると言われますが このご時勢 やたらと何所でも何でも燃やせる訳ではないので それらを一纏めにしてお寺や神社等で一緒に燃やしてもらうために持っていく人が多い…
しかも、しめ縄等には、色いろな飾りがついていたりするので それらも取り外して持ち込まないと受け取ってもらえないそうです。 確かに、ゴミの分別で、飾りの素材がプラスチック製や燃えない物も含まれていたりするので 全て分解して持ち込みです。 
・・・・・ 規則とはいえ つい最近まで神棚に飾られていたものなのに 下げればゴミ!? 
これもこのご時勢だからなのかな??? ちょっと複雑な気分なのは、私だけ? 

さて、左義長と同じく この日は、「鏡開き」でもあります♪♪
皆さんは、神棚、お仏壇、床の間、玄関、その他 お供えしたお餅は、どんな食べ方をしていますか?
私は、子供の頃 実家が農家だったので家の中だけではなく、農機具や資材を収納してある納屋にも御餅をお供えしていたので、小さいながらも沢山のお供え餅が、見るからに悲惨な姿となりカチカチのひび割れ状態でした。 そんなお餅は、表面を水で洗い小さく砕いて 油で揚げてアラレにしたり お汁粉にしたりと
今の様にコンビにも無い時代の子供には、ワクワクしながら 時々イタズラ、ツマミ食いをしながら出来上がるのを見守っていたものです♪ 
今は、昔の様に大きな家に住んでいるわけではないし、家族が多いわけでもないから お仏壇に供えた小さなお供え餅一つなので、お正月 実家で貰って来た伸餅を足してお雑煮でもしようっと♪

何はともあれ、ここを過ぎればまた普段の生活に戻り、のどかさが広がっていく そんな時期です。
・・・・・・・ただめっちゃ寒い 寒波が来ているけどお天気は良い。 
だから 余計に放射冷却なのか、やたらと冷え込んでいるみたい{{(>∇<)}} サッム

こんな寒い日の私の小正月は、懐かしい旭川の友人との長電話… 
離れていても 心が近い友人… 心がほっこり笑顔になる(*^^*)ポッ

今度は、会って話が出来るといいなぁ~ 
  
[PR]
by nene2525v | 2014-01-11 16:52 | 徒然草 | Comments(0)