空模様は…心模様?

mirai2525.exblog.jp

気ままな暮らしの中で起きる珍事から 心の葛藤・思い・悲しみや喜び等 感じた事 懐かしい想い出 また夢で見た風景をその日のお天気を通して綴った日々の呟きです… (*´ェ`*) 

ブログトップ

 身分相応!??


キラキラ 朝日を いーーーっぱい浴びながら輝く雫・・・

昨夜 積もった雪が解けて 大粒の雫となり電線に宝石を纏ったように煌めいていた♪

今時期の日差しは、どこか懐かしくて心地いい(*´ェ`*) 

この心地よさも手伝って アールグレイの香りに包まれ まったりと時間が流れる

紅茶とシナモンロールを頂きながらパソコンに向かう…


そぅそぅ 忘れてた・・・ 昨日 話が途中になってしまった友人に改めて電話をかける。

     (*・・)□----────────-------□(・・*) 


分かっていたが・・・ 案の定 彼女の家族の話に 身の上話など 

長ーーーーーー々と聞いていた ~(- -;)~

そんな話の途中で突然 彼女の知り合いを紹介される  ...Σ(*゜▽゜*)ハッ!
  
突然の事で 驚いたが 話を聞いていて なんとも微妙な感触を思う。


お相手の方は、船関係の会社の経営者で、持ち家があり 二人の大きな息子さんが居るが 

二人とも就職・進学で親元を離れているらしい… 「あれっ!?奥さんは!??」と

疑問になるところだが どんな形か分からないが「別れた」とか・・・

その為 男手一つで子育てし この春に下の子が巣立つので一人になるとか・・・。

それで一緒に食事に行ったり 楽しく話が出来る相手を探しているとの事。

そこで私に白羽の矢がたったらしいが・・・ どこか気が乗らないと言うか

正直、半信半疑って感じかな…  でも自信が無い。

まだ会った事も見た事も無いが、きっと今の私には不釣合い。

だって… 子供を育て、こんなに立派に社会に貢献している人… 

私見たいな者がいると 足手まといになってしまう。

大人として… 一人の人間として 今は、何も出来ないでいる私… 肩身が狭い。

自分で成りたくて成った訳ではないが… こんな体の人間が側に居るって事は

お荷物に成ってしまうのがオチかな・・・


子供の頃から薬漬けの私… オマケに何時 あの激痛が襲うか分からないジストロフィー持ち

普段は、馬鹿な事を言ったりして周りに気を使い明るく顔には出さないが

今でも時々 疼く様に痛みがある  この痛みは、言葉では言い表せない・・・ 

これは成ってみないと分からない痛み!?  灼熱感… と言うより

「怖い」と思う恐怖感も混ざり合っている この痛みを止める薬は無い。


四半世紀の半分以上が病との闘い… 足に縁が無く 怪我や病気が多かった・・・

この事が いつか見た夢での姿は 本当の姿だったのだろうか・・・

 『車椅子…』

でも あの夢は、車椅子でもバスケットをしたり… 水を得た魚の如く

スイスイと また生き生き溌剌としていて 施設の職員の様に利用者さんの指導をしていた♪

私には子供は居ない。 今は… 多分 きっと これからも産む事は無い。

でも、老後は 沢山の子供達と自然に囲まれて 半自給自足をしながら のんびりと

移り行く季節と共に過ごしたいと願っている。

日本に限らず どの国であっても 笑顔にできる子供たちがいるなら…

(*´ -`*) ささやかながら もし里親になれるなら なんて素敵なことだろう…

でも これは綺麗ごとではない 一人の人間の人生と 命と言う大きな責任が伴ってる。 

それはきっと この先も… 『結婚』と言う文字は無いから… 
[PR]
by nene2525v | 2013-02-15 19:00 | 徒然草 | Comments(0)