空模様は…心模様?

mirai2525.exblog.jp

気ままな暮らしの中で起きる珍事から 心の葛藤・思い・悲しみや喜び等 感じた事 懐かしい想い出 また夢で見た風景をその日のお天気を通して綴った日々の呟きです… (*´ェ`*) 

ブログトップ

 バレンタイン で~!??

今日は、どこか寂しげな空模様… つぎからつぎと大粒の雪が降っている…

お天気のわりには、少し暖かい。 だから車が通ると「シャーーッ シャーーッ」と

シャーベット状の雪を弾く音を立てて通り過ぎていく。

午前中 久しぶりに美容学校時代の友人から着信がありかけ直す・・・

案の定 長話になる…。 彼女のストレス発散は、私との長電話なのだ・・・(´・ω・`)

それでも二ヶ月ぶりの電話… 話に花が咲きそうな頃に着信音… 一度 電話を切り

着信の相手を確かめる。 やはり叔母Yからでした… 今日は、数日前から その叔母と

久しぶりにランチに行く約束をしていた。 叔母の仕事が終わったら連絡する事に成っていた。

その叔母Yとも年前から会っていなかったので、久しぶりの再会になる。

二人のお気に入りのカフェで 他愛もない話から 叔母の職場での愚痴 

そして、家族や実家での話など 話しに花が咲く♪♪

すっかり そこのカフェのマスターとは、顔なじみとなり このカフェにも3.4ヶ月ぶりである。

ここのカフェの良い所は まず、窓が大きくて、直ぐ近くに自生している木々や森が まるで

ツリーハウスの上に居るような錯覚さえ起こしそうな また、一枚の絵画のようにも見える。

ランチのメニューもスィーツも美味しくてオシャレな盛り付け♪ 何より椅子が大きくて

ゆったりと過ごせるのが最高なのだ (^_-)v

昼時のお客が一度 引き… お茶に来たお客も引き… 暫くして

3時頃 店を出て家具を見に向かった… 引っ越して3週間 まだ荷物の大半は箱の中。

食器棚とベットを改めて購入したいと思っているが、なかなか 私好みの物がなく

好みと言うよりは、機能性とデザイン… そして価格。 ニトリもスィートデコレーションも

ジョイフルも無くて 通販雑誌も数札検討したが やっぱり実物のイメージがつかめず

今に至っている・・・。

扉と言うよりは、引き戸のカウンタータイプが良いのだが 部屋の広さを考えると

ちょっと 決められないで居る。 今回も 二箇所ほど行ってみたが、断念・・・(_ _。)

何時になったら 片付くのやら ┐('~`;)┌


帰り道 地下鉄や街では、プレゼントを貰ったのか 小さな紙袋を下げているサラリーマンを

何人も見かけたのは… やはり今日は、バレンタインデーだったから???

私には、ここ数年 あまり関りの無いイベントになってしまったが… (汗)
  
『女の子から男の子にチョコをプレゼントする…』

・・・・・ これは、日本だけなのだ。

以前 花屋に勤めていた頃 夜番だった私 場所的にある国の領事館の近くと言うこともあり

外国人が多く買い物に来ていた。

ある2月14日の夜 小さな男の子と その子のお姉ちゃん…

そして父親と三人でお花を買いに来た。

片言の英語で、プレゼントと言っている ・・・よーく 聞いてみると

なんと 「マザーズ・プレゼント」と恥ずかしそうに私に呟いた…

そして、一つ一つの花の値段を聞きながら 子供達は お花を選んでいた… なぜなら…

持ってきたお小遣いで お母さんにプレゼントしようとしていたのでしょう (o^-^o)

一生懸命二人でお花を選ぶが、予算には合わなかったのか 自分達がプレゼントしたい花は

断念!?? でも、なんだか そんな様子をカウンターから見ていて

この子達の思いを叶えたくて 子供達の予算を聞き 好きなお花か聞いてお花を選んだ…

そして小さなブーケを作り ラッピングをして手渡した… 子供達は嬉しそうに 

お父さんも軽く会釈をし嬉しそうに帰っていった… あの夜は、お花がよく売れた…

次に来たお客様は、50代位の男性がバラを買いに来た… でも、どんなバラがいいのか

分からなくて困っていた。 『何方かにプレゼントですか!?…』と尋ねると 

『妻に…』と恥ずかしそうに答えた… 奥様のイメージやお好みを聞き 

ベルベットの様な赤いバラを一本だけ 長めにシンプルにラッピングして渡すと

照れくさそうに帰っていった… (*゜v゜*)

花屋での話は、沢山の小さな物語となり語りつくせないほど 個々のお客様との思い出がある…

外国では、母の日も… バレンタインデーも… 大切な人にプレゼントするようだ…

確かに それなら私も同感… ~(-゛-)~

世の中の風潮に流されてしまいそうだけど 大切な人へプレゼントするなら…

したい人は、数え切れないほど沢山居る・・・ いかに世話になりっぱなしかがバレバレです。

・・・でも ドキドキしながら思いを告げる… そんな時のキッカケも大事かな!??

私にも確か そんな時代もありました。 


未だに思いを寄せても 言葉には出さず じーっと遠くから見守っていることが多いのは… 

自分に自信が無いから そして、どこか諦めているのかも知れない…

なにより、相手の立場を考えると 自ずとそぅーなってしまう。

きっと これからも ずーっと そぅーなのかもなぁ・・・。

 「自分が好きになった人とは結ばれない… でも、誰かに愛されて結ばれる… 」

愛されるより愛するほうが 私には、簡単で慣れている…

みんなは、どぅなんだろう???


愛され方が40数年経っても 分からない わ・た・し… σ( ̄∇ ̄;)



 

 

  


 
[PR]
by nene2525v | 2013-02-14 22:50 | 徒然草 | Comments(0)