空模様は…心模様?

mirai2525.exblog.jp

気ままな暮らしの中で起きる珍事から 心の葛藤・思い・悲しみや喜び等 感じた事 懐かしい想い出 また夢で見た風景をその日のお天気を通して綴った日々の呟きです… (*´ェ`*) 

ブログトップ

ピンチの時ほど 失敗をしろ…

今日は、朝 雷がなっていた… それも 雨が降っていた訳ではなく

辺りは、雪で 前が見えないほど真っ白なのに… 雷が鳴っているなんて不思議…

やはり こんな天候も世間が騒いでいる「マヤ暦」で言う

2012年12月21日の影響なのだろうか

今月は、中旬と末頃に 二度の流星群が現れる… これも 何か意味が有るのだろうか?


私が気になり読んでいたマヤの記事は こう記していた…

   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆  
  私たちが古代マヤの叡智に学べる大切なことの1つに
 「始まりと終わりはつながっている」という視点があります。

  人間が死を免れることが出来ないように、目に見えるものは
  いつか壊れてしまうのは物質界の掟です。
  しかし目に見えないものは「永遠である」という概念は生きています。

  例えば、子どもの頃に慣れ親しんだ山や川で遊んだ思い出、
  あるいは大好きなお祖母ちゃんが作ってくれた美味しいおにぎりの味、
  向こう隣に住んでいたおじいさんにげんこつされたときの痛みなどは、
  心の中にずっと生き続けていますよね。
  思い出は時が過ぎ去っても消えるものではないこと、永遠であることの証です。

  2012年12月21日という日は、1日でも過ぎればもう過去になります。
  次の日を担ぐナーカルがやってきて、時の重荷を担いでもっていってしまいます。
  しかし先ほどの例のようにこの「イヤーゼロという日」は、
  永遠の中で生き続けることのできる「大切な思い出を残せる日」なのです。

  一瞬で壊れてしまうようなものではなく、永遠に心に残るような思い出を
  自分自身のスピリットに誓う! 
  そんな日として捉えていただけるとマヤのナーカル守護者は時の真ん中に立ち
  大喜びしてくれるように思います。

  またマヤ暦が新しい時代を迎えるということは、自分のなかに新しい「個」
  が確立され始める。ということにもなります。本当はこうなりたかった自分…
  嫌いで直したかった自分、認められずに苦しんでいた弱い自分も含めて
  新しい自分が確立されていく過程を楽しむ姿勢は大切のように感じます。

  そしてもう一つ「インナービューティー」を大切に。ということがあります。

  マヤの世界観にある生命樹には「女性性」というサインが
  自分の北側、左手側に座しています。
  そしてスピリット・精神として自分をいつも支えてくれています。

  新しい時代とともに、精神・スピリットが健康で輝いていれば
  女性性にあるマヤ・ナーカルは内面から美しさを増していき、
  インナービューティーが新しい個の中に確立されていくのです。

  古代マヤ族も見ることのできなかったイヤーゼロという歴史的貴重な瞬間
 「古きが終わり、新しい太陽の始まりの時」に、私たちは立ち会うことができるのです!

  そのことを深く心にとめ、2012年12月21日にはナーカルスピリット自らが
  輝いていかれるよう、厳粛な気持ちと新しい自分に期待をこめて、
  大きな一歩を踏み出してほしいと願っています。

  ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

この記事を読んでいて思ったことは… 自分の幼い頃のことでした。

「終わりと始まりは繋がっている」・・・確かに

「さよならは、出会いの始まり」と言うことね♪♪ 旅立つ人によくつかっていた言葉。

「臨終があるから次が生まれる」 輪廻転生… 

そぅ考えると 最愛の人との別れも何か意味があり 

亡くなった人は、永遠を手に入れたということなのかもしれない…

では、私の最愛の人達も 永遠を生きているということ。

私は、まだ生きているが、そぅ言われると私自身も 今 「永遠」が沢山ある。

愛する人が作ってくれたコロッケ… 今でも思い出すと涙が出てくる程懐かしい。

それから、その人の声や笑顔… 忍ぶように私を心配し 髪をなでてくれた手… 

私を呼ぶ時の言葉 その人と過ごした時間も… 全てが永遠

その人が亡くなる頃の数日間は まるで、夢の中のような時間が流れていて 

今でも鮮明に覚えている。 愛する者からの命のリレー 

子供が居ない私は、誰にバトンタッチするのかな?

21日の過ごし方は… 多分 普段と変わらない一日になるでしょう…

柚子湯に入り かぼちゃ団子のお汁粉を食べ チビ (=^. .^=)とコタツで

大奥でも見ているのでしょう

そして、マヤで言う 新しい時代… 新しく生まれ変る自分が始まるのなら

日本だけではなく 世界に羽ばたきたい… 

このカメラを持って… 沢山の国々を尋ね… 

さまざまな自然や その国の歴史を感じ… 

豊かな自然の中で沢山の子供達に囲まれて 穏やかな暮らしをおくる・・・ 

また社会に貢献できる人でありたい 絵本を子供達に届けたい…


ピンチのときほど失敗しろ」… 


今日は、この言葉にも救われた。 

私が生きてきた失敗だらけの四半世紀の重荷が だいぶ軽くなった…


また 自分の中で時々顔を出すスピリチュアル的なものが

全ての事を繋げている… 

これも マヤの力に共鳴しているのだろうか
[PR]
by nene2525v | 2012-12-06 23:21 | 徒然草 | Comments(0)